wordpressじゃないサイトへのメールフォームをgoogleフォームで作った

wordpressで作ったサイトはプラグイン(contactformやjetpack)を使えばでメールフォームを作ることができます。
でも、HTMLサイトの場合は、メールフォームを作るのが面倒…。

メールアドレスを画像にして表示していた時期もありましたが、これはこれでどこからか迷惑メールがすごい量飛んできていました。
だから、メールアドレスを表示すること自体をやめたくて、メールフォームを作りたかったのです。

というわけで、わたしは今までメールフォームはネットオウルのものをレンタルしていました。
無料で使えるネットオウルのお手軽メールフォームサービス

このメールフォームがついに、今月(2016年6月)いっぱいで終了することになったようで。
はやくなんとかしないとなあ、とメールフォームを別の方法で作り直すことにしました。

使ったのは、googleフォームをちょっとアレンジしたもの

他のサービスをレンタルし直すこともちょっとは考えたものの、これでまたサービス終了したらいやだしなあ、と思うと思いきることができず。
googleフォームを使ったらメールフォームが作れると知ったので、これにすることにしました。
(googleフォームもいつなくなるかはわからないけど)

参考にさせてもらったのはこのサイトです。
GoogleフォームでGoogle Apps Scriptを使って自動メール送信機能のついたお問合せフォームを作成してみた | やってみたら、できた。

他にもいろいろなサイトで紹介されているのですが、どれもこれも新しくなった機能を使っていないコードばかりだった中、このサイトが1番、スクリプトまで全部新しい機能でできるし自動返信などもアレンジしやすかったです。
(回答をスプレッドシートに移動させず、フォームに直接スクリプトを加えることができました)

探すのに苦労したので、ありがたかったです。

Google フォームから入力された内容をメール送信する - 仙台 Ruby Vim JavaScript フリーランスプログラマ

こちらもフォームに直接スクリプトを作れるようになっています。
ただ、こちらは相手方への自動返信なし。自分宛ての通知のみ。よりシンプルでわかりやすい印象です。
(こちらのスクリプトだと、どんなアドレスを使っても大丈夫そうだったものの、通知のメールの返信先を問い合わせ相手にする方法がわからなかったので、挫折してしまいました…)

うまくいかないときの話

動かない!なんで!?というときは、エラーログをすぐに送ってもらえるようにすると良いです。

  • スクリプトエディタの時計マークを押す
  • 「現在のプロジェクトのトリガー」にある「通知」へのリンクを押す
  • 「起動失敗の通知」を「毎日」から「今すぐ」に変える

これで、失敗するとエラーの原因がすぐにメールで届くようになります。
(これに気づくまでけっこうな時間がかかった…)
エラーの原因をそのままコピーしてgoogleで検索したら、解決策が出てくることが多いです。
難しそうに見えますが、これでなんとかなるはず!

あと、このサイトにも記載されていますが、使用するメールアドレスがgoogleフォームを作ったgoogleアカウントで送受信できるメールアドレスじゃないと、うまくできません
わたしはその辺の意味が全然わからず、うまく動かず途中で挫折しそうになりました…^^;

そんなこんなで、フォームの作成自体は30分もかからずできました。
悩んだ時間はめちゃくちゃ長かったですが・・・。つまづかなければ10分とかでもできると思います。

というわけで、メールフォーム問題解決。
サイト作りに戻りたいと思います。

関連するかもしれない記事

書いている人

サイト運営者イメージ

書いている人:ちゃーこ
ちゃーこです。大阪在住。ただのインターネット好き→Webディレクター→専業アフィリエイターになった主婦です。 お手軽、写真、青春、家、美味しい、かわいい、海外ドラマなどが好きです。ミーハーです。 もくもくとアフィリエイトサイトを作るのが楽しくて仕方がない。